カテゴリー「弦楽器」の記事

2008年7月27日 (日)

ヴィオリラの弓毛張替え

Arutizan1気になっていたヴィオリラの弓毛の張替えに行ってきました。
神戸南京町の「
アルチザンハウス」です。

かんかん照りの暑い日で、南京町も人出が多かったのですが、2Fにあるアルチザンハウスに入れば ここは別天地。

まずはコントラバスがお迎え。
たくさんの弦楽器が所狭しと置かれ、
小さな子が小さなバイオリンの試し弾きをしていました。
結構上手に弾いていました。

Arutizan2  Arutizan3

奥は毛替えをしてくれた職人さんです。
ヴィオリラはバイオリンの3/4サイズなので 子ども用バイオリンと間違われました。

ヴィオリラ」について聞かれて少しお話しました。やさしく丁寧な職人さんでした。

前もって予約を入れておいたので友達と一緒に預けて即日仕上がりでした。
\5,250.-でした。

Cimg1801_4新しい弓は少し白いです。
痩せてスリムになっていたのが
しっかりと太くなりました。

職人さんがいっぱい松脂をつけてくれたので 家で弾いてもすっと鳴りました。
「3日もすれば大丈夫ですよ。」とおっしゃられていたのが納得です。
これでいい音が鳴るようせっせと練習に励みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

3台目がやってきた!

Ph_nr 2001年5月が1台目、ヴィオリラのデモ演のお手伝いをしていたので、そのギャラが貯まったときに(半年後くらいだったか?)2台目購入。テナー仕様にしたかったから。

その後ずっと2台で指導や音楽療法で使ってきていたが 前々回のブログに書いたように、コンサートで苦労をしたとき来ていたスポンサーが費用を工面してくれる話がまとまったので、注文した。

だが、待てど暮らせどなかなか届かない。「講師枠」で購入したので事務手続きが煩雑であったためらしい。

4月8日の神戸文化ホールのコンサートには新しいヴィオリラで出演したかったので、1ヶ月を切ったのでかなり焦ってきた。

やっとこの月曜日に手元に届いた。コンサート3週間前。弦の状態をいいものにするにはギリギリのところ。早速第4弦をダダリオに張り替えて只今音を安定させるために調整中。アルトでときどき「ちー」と高い音が鳴る。

ソプラノは何の問題もないがアルトをもう少し弾きこまねば。

2台目はテナー仕様にと思いながら生徒さんのレッスンに使ったり、音楽療法の場で必要だったりで結局テナーははずしていたので 今回3台使えるので1台はテナーにしておけそうだ。

ところでYAMAHAのHPのヴィオリラのページに
松山千春氏のバックでキーボードを担当されている夏川一朗氏が
コンサートで
ヴィオリラを使われた話をYAMAHAの担当者から伺っていたが
このたびサイトにアップされていた。興味のある方はごらん下さい。
http://www.yamaha.co.jp/product/violyre/topics/topics002.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月28日 (水)

離宮公園梅見コンサートレポート

07_1 須磨離宮公園の梅見会がはじまって2日目に行ったヴィオリランパールの梅見コンサートだったが、レポートを書きそびれて梅の花が終りそうな気配である。

11日は天気もよく暖かい一日だったので、たくさんのお客さんが集まって下さった。今年は午前の部がなく1回公演だったので 会場の和室も廊下に座布団や椅子を並べてもらったが 全く足らず、諦めて帰られたお客様も多かったようだ。内外合わせて300名以上のお客様とのこと。ヤマハの社員さんも見に来て下さった。有難うございました。

Photo_1 ←コンサート会場になった須磨離宮公園の和室。(コンサートの片づけが終ったあとに撮影)

終演後 離宮公園の車で駐車場まで戻るので、ゆっくり梅を見る時間はない。それでも折角なので近道を通って梅園の見えるところまで行った。

Rikyu_ume2_2昨年は梅見会最終日というのにちらほら程度の梅だったが、今年は3分咲き。香りを楽しむところまで近寄れずに残念だったが、紅梅白梅、それに足元の菜の花の黄色の彩がとても春らしくてよかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

思ったより複雑

Violyrekibanv 2月11日のコンサートの翌日、とりあえず接点復活剤でも吹っかけてみようと底の螺子を外した。
出てきたのは 複雑な基盤だった。
なるほどこれでエフェクトやブリリアンスをコントロールしているのかと納得。

肝心のシールドケーブルは基盤の中に組み込まれていて開けることは不可能だった。

基盤は複雑過ぎて素人ではとてもとても・・・。
配線の長さが短いのでこの撮影もちょっと苦労した。

感心したのは基盤の収まっているところ。さすが木にこだわるヤマハという感じがした。こんなところまでとてもきれいだった!

ところで 基盤の交換しか道はないかと思っていたのに、新しいアダプターを使うとすんなり鳴った。
離宮公園で他の人のと交換しても鳴らなかったのにである。

不思議だが 鳴るようになったので「異存はなし」。で一件落着。

3台目のヴィオリラはスポンサーの気が変わらないうちにと昨日、注文を出しておいた。
4月のコンサート(神戸文化ホール)は新しいので出演できるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

須磨離宮公園「梅見会」ヴィオリラコンサートご案内

07rikyuume001 「華麗なる一族」の原作のモデルになっている旧神戸銀行頭取のお屋敷跡は
現在の須磨離宮公園・植物園になっています。そこの和室で梅見会イベントとしてヴィオリランパールが毎年出演しています。

この和室はあの当時のものが残っているのです。
ヴィオリランパールの控え室はマントルピースのある応接間。
コンサート会場のステージにとなる部屋は床の間のある座敷です。
奥まったところには隠し部屋(現在は物置)もあったりして秘密っぽいです。

例年は梅見会最終日の出演でしたが 今年は2月11日(日・祝)です。
園内は20種の梅の木が200本植わって芳香を漂わせています。

ヴィオリランパールのコンサートは「ヴィオリラ大正琴と歌おう」です。
早春賦などの春待ちの歌をはじめちょっと
懐かしい元気になれる歌をご用意しています。
歌うことによって、植物園の新鮮な空気を身体いっぱい取り込めます。
どうぞ、皆さんいらっしゃって下さい。

日時:2007年2月11日(日・祝) 午後1時~2時 (今年は午後のみです)
参加費は無料ですが 入園料が必要です。(大人400円)
交通アクセス:JR須磨駅より市バス10分。
または山陽電車「東須磨駅」下車徒歩10分 植物園側から入ると梅園を通り抜けたところに和室があります。

(画像をクリックすると文字がよく読めます。)

なお午前11時より「甘酒」の振る舞いがあります。(先着500名)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

怒涛の1月の終了・・・

D04 セッションとコンサートで21もあった1月も終了。とはいえ2月も19回。2月は28日という日数からいくとあまり変わらないような気もする。
本日も午前午後と別なところでヴィオリランパールのライブを2ステージ。それぞれの所で喜んでいただけてよかったものの少々お疲れ。

明日は久々のオフ日なので、今夜はゆったり。でも明後日からの2月に備えてセッションの大枠のみ作成した。

4日と11日のヴィオリラコンサートは頑張らねば。
それにしても11日の梅見コンサートの案内を早くやらなければ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)