カテゴリー「つぶやき」の記事

2008年12月 7日 (日)

ヴィオリラとユニバーサルデザイン

Cimg2511 音楽療法士会が神戸UD文化スポーツ祭にエントリーしたので、私もヴィオリラ持参で参加した。
相対的に参加人数が少なかったのであるが ヴィオリラが珍しいと写真に撮られたり、試し弾きを何人かにやってもらった。もちろん私達の仲間も「さわらせて!」と弾いてもらった。

チェロやバイオリンの音に大変興味を持ってもらった。
昨日は数名だったが きょうはもう少したくさんの方に。

最初に伴奏くんのオケと合わせたら 「音が大きすぎる!」と苦情をいわれたので
それ以降は伴奏くんの音をやめて生Pでの伴奏にした。

いろいろ学べたし、結構楽しく過ごせた。
アフリカの展示をしているタンザニア出身の方と中央アフリカ出身の二人が「ジャンボ」~の曲を皆さんに披露し、教えてくれた。

このときは障がいのある方を含んでたくさんの方が来られていたし年齢も様々、彼らもノリノリで、何度も何度も繰り返して歌った。


これぞユニバーサルデザイン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィオリラ フェスティバル 企画

1204 7割くらいの確率で実現するかもしれないという助成金の出るとある事業に応募しました。

そのプレゼンが本日ありました。持ち時間は10分と言うことだったので目いっぱい時間を使えるようにパワーポイントでファイルを作成したものの、当日7分で後は質問になります。といわれ尻切れトンボのプレゼンでした。おまけに持参したPCがプロジェクターに反応せず(たぶんDVDプレイヤーを立ち上げていたので端末を認識するのに手間取ったと思う・・)イマイチ、イマサンくらいのものになりました。

また質問も「・・・・?」と答えるようなものになり 手ごたえは大変不十分です。
ヴィオリラの演奏も説明もしっかりできたとも思えず、NHKで放映されたビデオを見てもらった程度に終りました。
審査委員にヴィオリラの存在を知ってもらったという意義にしましょう!

明日は神戸ユニバーサルデザインスポーツ文化祭でヴィオリラを少し演奏する予定です。
今日のことは結果待ちなので 明日のこと頑張ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月30日 (月)

ブログをブックマークするときの注意点

Violyre_top ここへ来てくださるお客さんのアクセス解析を見ると
初めて来られたときに検索でそのページを開いて
そのままブックマークされる方が結構あるようです。

当然ながらブックマークしたページが表示されるので
「あらぁ~また更新してないのか・・・」で
次に飛ばれるような雰囲気です。

ブックマークするときは このブログで言えば
右肩の「愛しのヴィオリラ」のところをクリックすると
トップページの表示になるので
そこでブックマークすれば いつ来ても最新の記事が読めることになるのです。

このココログだけではないのでブログは大体そういうものらしいから
皆様、ご注意下さい。
と書いていても 過去記事にブックマークしていている方は
この記事も読めないので 同じことなんですけどね・・・

こまめに更新しているわけでもないので しょっちゅう来てくださいともいえない立場ですが
こういうお役立ち情報もたまには載せたいと思いますので
懲りずにいらしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

ヴィオリラが美しく響くために

「 山路きて なにやらゆかし すみれ草Tfla_009

お馴染み芭蕉の句。

野に咲くすみれは美しい。
華やかさは少ないけれど 凛としたものを持ち合わせ、それでいて芭蕉の句のように
「奥ゆかしさ」を備えている。
私の好きな花のひとつである。

自分もそんな存在になりたいと思うがなかなかそこの所は修行が足らず、周囲に迷惑をかけていると思う。

ヴィオリラでのアンサンブルもメロディと裏メロとが上手く溶け合うと素敵な演奏になる。また観客を置き去りにせず、そこも融合させることが肝要であると思う。いずれもなかなか難しい。

次のヴィオリランパールのコンサートは(21日と29日)クローズでの演奏になるが、デュエットなのでこの辺を意識していいSoundになるよう努力したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

3台目がやってきた!

Ph_nr 2001年5月が1台目、ヴィオリラのデモ演のお手伝いをしていたので、そのギャラが貯まったときに(半年後くらいだったか?)2台目購入。テナー仕様にしたかったから。

その後ずっと2台で指導や音楽療法で使ってきていたが 前々回のブログに書いたように、コンサートで苦労をしたとき来ていたスポンサーが費用を工面してくれる話がまとまったので、注文した。

だが、待てど暮らせどなかなか届かない。「講師枠」で購入したので事務手続きが煩雑であったためらしい。

4月8日の神戸文化ホールのコンサートには新しいヴィオリラで出演したかったので、1ヶ月を切ったのでかなり焦ってきた。

やっとこの月曜日に手元に届いた。コンサート3週間前。弦の状態をいいものにするにはギリギリのところ。早速第4弦をダダリオに張り替えて只今音を安定させるために調整中。アルトでときどき「ちー」と高い音が鳴る。

ソプラノは何の問題もないがアルトをもう少し弾きこまねば。

2台目はテナー仕様にと思いながら生徒さんのレッスンに使ったり、音楽療法の場で必要だったりで結局テナーははずしていたので 今回3台使えるので1台はテナーにしておけそうだ。

ところでYAMAHAのHPのヴィオリラのページに
松山千春氏のバックでキーボードを担当されている夏川一朗氏が
コンサートで
ヴィオリラを使われた話をYAMAHAの担当者から伺っていたが
このたびサイトにアップされていた。興味のある方はごらん下さい。
http://www.yamaha.co.jp/product/violyre/topics/topics002.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

4月のコンサートの準備

Sumire すみれの花が咲き始めた。寒さが続くが春は近づいている。

今年の離宮公園の梅見コンサートは2月だったので、3月は例年になくゆったりと過ごしている。
しかし、4月はお花見イベント、花祭りイベント(神戸文化大ホール)、給食サービスイベント、患者会イベントと目白押し。

練習を頑張らねば・・・だけど まだ新しいヴィオリラが届かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

怒涛の1月の終了・・・

D04 セッションとコンサートで21もあった1月も終了。とはいえ2月も19回。2月は28日という日数からいくとあまり変わらないような気もする。
本日も午前午後と別なところでヴィオリランパールのライブを2ステージ。それぞれの所で喜んでいただけてよかったものの少々お疲れ。

明日は久々のオフ日なので、今夜はゆったり。でも明後日からの2月に備えてセッションの大枠のみ作成した。

4日と11日のヴィオリラコンサートは頑張らねば。
それにしても11日の梅見コンサートの案内を早くやらなければ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

震災コンサートまで、あと12時間

ヴィオリランパールの新年初のコンサート「ひびけ!空までーヴィオリラ大正琴と歌おう」はあと12時間足らずで始まる。

準備・練習・また準備と考えながら弾いているとなかなか集中できない。

お客さんがどのくらい集まって下さるか心配だが、明日の天気はいいようで、気温も低くないようすなので そこそこの人数は集まって下さると思う。

今年も会場の皆さんと音楽を作り上げていき、心に残るコンサートになればいいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

忘年会で・・・

Tchi_034 昨日は本年の仕事納めの日。忘年会の設定での「健やか音楽」のセッションだった。

いつもパンツルックだけど ちょっと優雅に白雪姫スカートで行った。(評判は上々)

ところがヴィオリラが鳴らなかった。数日前のセッションの折からアダプター付近が怪しかったのだが、少しいじると鳴っていたので、そう気にもせずいたらついに・・・

今年最後の演奏だったのに きちんと弾き納めができず、とても残念!でも弾けない代わりにいっぱい歌ってちょっとした歌手の気分を味わった。歌には自信がないが、マイクがないので声高らかに歌うのも悪くなかった。

ヴィオリラ震災コンサートまでには万全の状態に調整しておきたい。2月に行われるイベントのコンサートの依頼が来た。

今年も残すところあとわずか、震災コンサートの案内葉書を製作中。早く出さないといけない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

気持ち伝えるヴィオリラ演奏

Kiku 菊の大輪が玄関先を飾っている家を見かける季節です。何年か前にこの菊作りにチャレンジしたことがあります。

挿し芽から初めていっぱい手を加えないとなかなか立派な大輪は咲きません。

ヴィオリラの演奏も大正琴時代にやった曲やヴィオリラ導入時に演奏したものは少しさらうだけでいいですが、最近披露した曲は俄仕込みで身についていないように思います。

100回練習しないと・・・とかつてはよく言いましたが その気持ちをもう一度思い起こしてコンサート前は100回練習をこなしていきたいと思います。自分のものになってこそ 人様に聞いていただけるのだと。

ヴィオリラは情感を乗せやすい楽器です。だからこそ情感を入れられるところまで練習しないといけないのです。

秋から冬の曲は情緒たっぷりの曲が多いです。しっかり気持ちを入れてみたいと思います。

きょうは「小さな木の実」(ビゼー作曲)を弾きました。これもしみじみとした気持ちの入る曲です。きょうの演奏ではどこまで伝えることができたでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧