« ファミリーコンサート | トップページ | おかげさま »

2007年4月 7日 (土)

お花見は雨、明日はホール

Kobebunkah 7日(土)はお花見コンサートだったが、開始直前に雨がポツリポツリとなったので急遽室内に変わった。2箇所合同の行事だったが部屋は別々になったため コンサートは1箇所だけになってしまった。


4月8日は「
花祭り」です。つまりお釈迦様のお誕生日ということで、神戸仏教連合会主催の「花祭り・祝賀記念行事」に出させていただくことになりました。

写真の神戸文化ホール(大ホール)です。
ヴィオリランパールは2曲演奏して、その後コーラスのバックをやる予定です。

キャパ2000余のホールなのでヴィオリラのリバーブの状態が不安です。もちろんホールのPAさんがミキシングしてくださるのですが・・・
何分朝からの行事で午後最終の私たち生楽器のリハだけ特別にお昼休みの30分で「何とかしましょう。」ということになっているのです。

毎年たくさんの方々がお見えになるので、ヴィオリラのことを知っていただくにはいいチャンスです。

頑張っていい演奏ができるようにしようと思っています。

|

« ファミリーコンサート | トップページ | おかげさま »

コメント

KONちゃん、今日はお疲れ様でした。
神戸大倉山文化ホール「花まつり」に行ってきました。「祝賀コーラス」でヴィオリラ演奏ソロとコーラス伴奏聴きました。曲数多くって大変だったと思います。しかし大勢のお客様ですね。神戸市民がいっぱいで、こんなに多い観客を前に演奏するのは気持ちいいでしょうね。それにしても仏教のイベントって珍らしいですね。すっかり市民に定着して毎年行事になっているんですね。ソロ曲も迫力あってよかったです。珍しかったのは一台のヴィオリラにスピーカーが一個ずつ付いていましね。
ミキサーは見当たらなかったようですが。。。セッティングの時間がもらえなかったんでしょうね。私も5月にCOOPの「音楽のつどい」に生徒と芦屋ルナホールに出るんですが、毎年セッティングの時間もらえなくって苦労してるんです。。。まだまだヴィオリラって楽器は珍しいのでしょう。大正琴で何で音響がいるんだ?....って言われて説明に懸命になるんですがねぇ...とにかくお疲れ様でした。

投稿: vi-yo (maehashi) | 2007年4月 8日 (日) 22:45

vi-yoさん きょうはわざわざおいでくださって有難うございました。また写真なども有難うございました。

大ホールのステージは気持ちよかったです。
神戸仏教連合会の「花まつり」は今年ちょうど10周年ということです。

12時からのリハで文化ホールのPAさんのチェックが入りましたので
細かい要求はできませんが概ねは伝わっていたと思います。
本番、ステージからは客席の音がどうなっているのかわかりません。(返しはステージ上、上手と下手においてありますが、あくまでも返しです)

普段から個々のスピーカーは自分の音だけが聞こえるように背後、または側面からモニターしています。ここからアウトしてミキサー室へ送ってPAさんがミキシングしてくれました。(伴奏音源もMDで預けました。)
いつもならこのアウトをミキサーに繋いで演奏しながらいじくってますが、今回その心配もなくゆったり演奏を楽しむことができました。

セッティングの時間というより配線も十分できない状態の場合は(他のグループと一緒の場合です)出演を取りやめる場合もあります。お互いいろいろ苦労がありますね。

投稿: KON | 2007年4月 9日 (月) 01:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188064/14597760

この記事へのトラックバック一覧です: お花見は雨、明日はホール:

« ファミリーコンサート | トップページ | おかげさま »