« 連休中のヴィオリラ | トップページ | 気持ち伝えるヴィオリラ演奏 »

2006年11月 6日 (月)

心に響く演奏

Tcal_013 ススキが銀色に光るようになったので、今週は「船頭小唄」をセッションで入れている。ヴィオリラで弾く「船頭小唄」はいっそう物悲しい。きょうは泣いてしまう方もあった。メロディをアルト弦でオブリガートをソプラノ弦で弾き分けるとさらに情感が出る。そのあと「悲しい酒」をピッチカートで演奏したら感極まった様子。自作のMIDIの伴奏を使うとテンポの揺れがないので ヴィオリラだけの演奏にした。単に曲の持つ力かもしれないが、心に響いた演奏であったならとても嬉しい。

台詞部分は弾きながら言えなくて困った。楽譜に書いておくことにしよう。

午前中はヴィオリラのレッスン。会合で演奏し好評だったとのこと。彼女もヴィオリラデビューを果たしたわけである。これを機にさらに頑張って欲しい。

|

« 連休中のヴィオリラ | トップページ | 気持ち伝えるヴィオリラ演奏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心に響く演奏:

« 連休中のヴィオリラ | トップページ | 気持ち伝えるヴィオリラ演奏 »